清雅堂

清雅堂

seigado

清雅堂の歩み

清雅堂は、1945年の戦後間もなく初代・西片巳則氏によって創業されました。

巳則氏は彫金師として燕市で修業し、生家のあった分水町(現燕市)にて独立、1991年には二代目・正氏により弥彦村の弥彦山山麓に工房を移設し、鍛金(たんきん)、鎚起(ついき)の伝統技法による手作りで銅器の製造をされております。 「鎚起銅器」と言えば、金物の産地である新潟県の伝統工芸品として国内のみならず、海外でも広く知られております。

清雅堂では、銅を用いた製品を主軸とし、昔から人気の高い銀や、日本酒との相性が抜群に良いとされる錫も取り扱っており、現在は、二代目当主・正氏と長男・亮太氏、次男・浩氏の三人で製作に当たっておられます。

作家紹介

鎚起作家 西片亮太 鎚起作家 西片亮太
  • 2001年 長岡造形大学 工芸デザイン卒業
  • 卒業制作 優秀賞
  • 2002年 グループ展(新潟市美術館 市民ギャラリー)
  • 素形材もの作りコンテスト(パシフィコ横浜)
  • 素形材技術賞
  • 2003年 長岡造形大学大学院 造形研究科修了
  • 清雅堂入社
  • 2004年 新潟県美術展覧会 県展賞
  • 2005年 新潟県美術展覧会 奨励賞
  • 2008年 新潟県美術展覧会 県展賞
  • 2009年 新潟県美術展覧会 工芸部門 無鑑査資格
  • 2010年 2012年 伊丹国際クラフト展 入選
  • 2010年-2015年 CollectArtFair出品(英・ロンドン)
  • 2011年・2013年 酉福にて個展
  • 2012年 ArtFairTokyo出品
  • 2013年-2014年 TEFAF Maastricht(オランダ・マーストリヒト)出品
  • 2013年 East and West/The hammered metal object(アメリカ)出品
  • 2015年 Craft and Design from East Asia(マンチェスター美術館)出品
  • その他、個展、グループ展多数出品
古希祝いにまつわるお話-おすすめ記事-
古希祝いについてもっと詳しく

8月21日15時までのご注文は

821日(火)から発送可能です。

即日発送についてのご案内

古希祝いの商品は即日発送可能

2018年に古希を迎える方は1948年(昭和23年生まれ)です

名入れ酒のよくあるご質問

記念日新聞の休刊日検索

メッセージカード無料サービス

古希祝いのご注文はFAXでもOK

ギフト包装について

昔の新聞紙面サンプル

法人様からのご注文は請求書払い可能

電話番号

会員募集

当店の営業日について
営業時間について

【営業時間】平日9:30~18:30

日・祝日はお休みをいただいております。

定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

お電話については、休日や夜間は転送にてスタッフに繋がります。携帯電話への転送のため、出られない場合がございます。その際はお時間を改めてお掛け直しいただくか、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話を差し上げます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

七〇屋について
七〇屋外観

いらっしゃいませ!古希祝いのプレゼントを専門に扱う七〇屋(ななまるや)へようこそ!

当店ではお父さんやお母さんにお祝いのメッセージを載せて贈るメッセージボトル、お名前を筆文字で記した名入れギフトがとても人気です。感謝の気持ちやこれからの健康祈念をカタチに替えてお届けいたします。

更にご購入者いただいた贈り物には、もれなく古希の方が生まれた日、つまり70年前の新聞一面をプレゼント。お父さんお母さんが生まれた日の新聞でサプライズをどうぞ。

お急ぎの方ももちろん、最短で即日発送も可能です。お気軽にお問い合わせください。

TOP